« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月

join コマンド - 2つのテキストファイルを共通フィールドで結合する Linux コマンド

join コマンド - 2 つのテキストファイルを共通フィールドで結合するLinuxコマンド

 

キーワード: join、ファイル結合、テキスト処理、Linux、Ubuntu、CentOS、Debian、Solaris、Unix

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク

 

1. 概要

 

Linux の標準コマンドである join コマンドを使うと、2つのテキストファイルを共通フィールド(列)で結合することが出来ます。

 

2. join コマンドの使い方

 

(1) join コマンドの使い方

 

「フィールド区切り文字」、「結合したいフィールド番号」、「結合したいファイル1」と「結合したいファイル2」を指定します。

 
   

join [オプション] [結合したいファイル1] [結合したいファイル2]

   

例) join –t, –j 1 text1.txt text2.txt

 

(2) join コマンドのオプション

 
   

-t [フィールド区切り文字] 

 

「,」や「\t(タブ)」、「\ (スペース)」などを指定します。

 
   

-j [結合したいフィールド番号]

 

1列名で結合したければ「1」など数値を指定します。

 
   

-1 n  -2 n

 

「1つ目のファイルの n 列目」と2つ目のファイルのn列目」を結合する指定方法

 

 

 

スポンサーリンク

 

3. join コマンドを使った結合例

 

① 商品コード、商品名のテキスト

 
   

$ cat cat.txt      
001,carrot      
002,potato      
003,orange      
004,apple      
005,garlic

 

② 商品コード、価格のテキスト

 
   

$ cat price.txt      
001,100円      
002,200円      
003,300円      
004,400円      
005,500円

 

join コマンドで2つのテキストファイル ① cat.txt と ② price.txt を「商品コード」のフィールドで結合

 
   

$ join -t, -j 1 cat.txt price.txt      
001,carrot,100円      
002,potato,200円      
003,orange,300円      
004,apple,400円      
005,garlic,500円

 

スポンサーリンク

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索