« bash shell メモ | トップページ | join コマンド - 2つのテキストファイルを共通フィールドで結合する Linux コマンド »

DAT テープでのバックアップとリストア方法

DAT テープでのバックアップとリストア方法


キーワード: Solaris、 Unix、バックアップ、リストア、DDS3、DATテープ

このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 概要

Solaris の UFS ファイルシステムで DAT テープを使ってバックアップ、リストアする手順を紹介します。紹介する手順では、テープを操作するためのコマンドである mt と、ファイルシステム単位でのバックアップを取得することができる ufsdump コマンド、ファイルシステム単位でリストアするためのコマンド ufsrestore を使います。リストア後のブートブロックの作成を忘れると起動しないので注意してください。

2. バックアップ手順

  1. パーティション情報の確認

    # cat /etc/vfstab

  2. バックアップのサイズを見積もる(単位:はバイト)

    # ufsdump  S (filesystem)

  3. バックアップ取得
  • スーパーユーザーになる。

#  su root

  • システム停止。

#  init 0

  • システムをレベルSに遷移

  ok boot -s

  • ファイルシステム整合性チェック[省略可能]

  # fsck -m /dev/rdsk (device-name)

  • DATでバックアップ取得

# ufsdump  0ucf  /dev/rmt/0n   /     (ルートパーティション取得)
# ufsdump  0ucf  /dev/rmt/0n   /export/home

  • 他のパーティションに付いても同様に取得を繰り返す。

  #  mt  -f  /dev/rmt/0n rewind    (DATテープ巻きも度し)
  #  ufsrestore  tf  /dev/rmt/0     (ルートパーティション取得確認)
  #  ufsrestore  tf  /dev/rmt/0     (export/homeパーティション取得確認)

  • 他のパーティションに付いても同様に確認を繰り返す。


3. リストア手順

  • 新しいファイルシステムを仮にマウント

  # mount  /dev/dsk/device-name  /mnt

  • 復元ディレクトリに移動

  # cd  /mnt

  • テープデバイスのエントリ作成

  # tapes

  • ルートファイルシステムを復元

  # ufsrestore  rvf  /dev/rmt/0n
  # ufsrestore  rvf  /dev/rmt/0n
  必要なだけ繰り返す。

  • ファイル復元の確認

  #  ls

  • テンポラリーファイルの削除

  #  rm  restoresymtable

  • ルートディレクトリに移動

# cd  /

  • 仮のマウントポイントを解除

  # umount  /mnt

  • ファイルシステムの整合性確認

  #  fsck  /dev/rdsk/device-name

  • ブートブロック作成

(solaris2.6 )
  # installboot   /usr/platform/`uname  -i`/lib/fs/ufs/bootblk  \
                  /dev/rdsk/devicename
(SPARC)
  # installboot   /usr/platform/`uname  -i`  \
                  /lib/fs/ufs/bootblk  /dev/rdsk/c0t3d0s0

  • 新しいファイルシステムのバックアップを取得
  • 必要であればusrファイルシステムに付いても実行
  • システムをリブート

  #  init  6


« bash shell メモ | トップページ | join コマンド - 2つのテキストファイルを共通フィールドで結合する Linux コマンド »

Linux」カテゴリの記事

Solaris」カテゴリの記事

技術一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503138/60803988

この記事へのトラックバック一覧です: DAT テープでのバックアップとリストア方法:

« bash shell メモ | トップページ | join コマンド - 2つのテキストファイルを共通フィールドで結合する Linux コマンド »

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索