« ベネッセ漏えい事件 - 史上最大クラスの情報漏えい | トップページ | BitLocker で暗号化されたボリュームをマウント »

CVE-2014-0160 OpenSSL HeartBleed の脆弱性を狙うウイルス

CVE-2014-0160 OpenSSL HeartBleed 脆弱性を狙うウイルス

概要

2014年8月4日、ESETセキュリティは、自社のニュースリリースにおいて、CVE-2014-0160 OpenSSL HeartBleed 脆弱性を狙うウイルスが発見されたことを公表した。
このウイルスは、Linuxを標的としたウイルスで C&C サーバとの通信機能の他、多くの機能を持っているという。特に特徴的なものが CVE-2014-0160 OpenSSL HeartBleed の脆弱性の有無を調査する機能であり、このウイルスを使って HeartBleed の脆弱性を持つサーバのリストを作成しているのではないかと考えられるという。

関連URL

[ESET] OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」を狙うLinuxウイルスについて | ウイルス・セキュリティニュース
http://canon-its.jp/eset/malware_info/news/140804_2/

« ベネッセ漏えい事件 - 史上最大クラスの情報漏えい | トップページ | BitLocker で暗号化されたボリュームをマウント »

セキュリティ事件、サイバー攻撃」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503138/60123540

この記事へのトラックバック一覧です: CVE-2014-0160 OpenSSL HeartBleed の脆弱性を狙うウイルス:

« ベネッセ漏えい事件 - 史上最大クラスの情報漏えい | トップページ | BitLocker で暗号化されたボリュームをマウント »

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索