« デジタルフォレンジック製品 EnCase に関する情報 | トップページ | ゆうちょ銀行をかたるフィッシング、「口グイン画面リ二ューアルのお知らせ」 »

ワコールがWeb改ざんの被害

ワコールがWeb改ざんの被害

2014年3月31日、ワコールのWebサイトが不正アクセスを受けて改ざんされていたことを発表しました。
3月28日時点で、ワコールWebサイトを閲覧しようとすると「コンピュータに損害を与える可能性がある」との表示が出て、アクセスできない状況になっていたという。
3月28日 17時30分、ワコールは、詳細調査を行うために関連サイトをすべて閉鎖しており
アクセス出来なくなっている。
調査中のため、不正アクセスを受けた原因や被害内容についての情報は発表されていないが、アクセスしたユーザはウイルス感染の可能性があるという。また、現在のところ、顧客情報の漏えいは確認されていない

なお、Web サイトの復旧は4月下旬までかかる見込み。

ウェブサイトの再開予定日が掲載されました。ワコール通販ウェブストアは 4/30、ワコール公式ウェブサイトは 5月初旬と、サイトによって再開予定日が異なる。詳しくは、以下 URL を確認してください。

【ワコールのWEBサイト改ざんに関するお詫びと再開予定のお知らせ】(2014/04/16更新)
http://mente.wacoal.jp/sorry_pc.html

関連URL

« デジタルフォレンジック製品 EnCase に関する情報 | トップページ | ゆうちょ銀行をかたるフィッシング、「口グイン画面リ二ューアルのお知らせ」 »

セキュリティ事件、サイバー攻撃」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503138/59393543

この記事へのトラックバック一覧です: ワコールがWeb改ざんの被害:

« デジタルフォレンジック製品 EnCase に関する情報 | トップページ | ゆうちょ銀行をかたるフィッシング、「口グイン画面リ二ューアルのお知らせ」 »

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索