« 1行で文字列の IP アドレスを数値に変換する方法(Linux bc コマンド) | トップページ | 磐田信用金庫がWebサイト改ざんの被害 »

足利銀行のインターネットバンキングに不正ログイン

?

足利銀行のインターネットバンキングに不正ログイン

概要

2014年4月4日 9時ごろから足利銀行のインターネットバンキングに対して、同じIPアドレスから7万件を超える不正なログイン試行があり、十数件のアカウントに不正ログインが成功していたことがわかった。
不正ログインされたユーザのアカウントは、利用停止したという。不正送金などは行われていない。

パスワードの使いまわしをしないように呼びかけているみたいですが、パスワードリスト攻撃だったのでしょうか。銀行側で同一IPアドレスからの数万件を超える大量のログイン試行を途中で止めることは出来なかったのでしょうか。足利銀行側のセキュリティ対策も強化してほしいものです。

個人口座のインターネットバンキングの補償について

個人口座のインターネットバンキングの補償については、全銀協によると、捜査当局への被害事実等の事情説明(真摯な協力)を前提に、被害に遭ったお客さまの態様やその状況等を加味して補償(個別対応)することになっています。ネット上の情報を見る限りは、被害額の 70% 程度の補償が多いようです。全額補償されるケースはあるのでしょうか。

インターネット・バンキングに係る補償の対象・要件・基準等について - 全銀協
http://www.zenginkyo.or.jp/news/entryitems/news200219_4.pdf

関連URL


【楽天ブックスならいつでも送料無料】Q&Aインターネットバンキング [ 岩田合同法律事務所 ]

« 1行で文字列の IP アドレスを数値に変換する方法(Linux bc コマンド) | トップページ | 磐田信用金庫がWebサイト改ざんの被害 »

セキュリティ事件、サイバー攻撃」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503138/59414221

この記事へのトラックバック一覧です: 足利銀行のインターネットバンキングに不正ログイン:

« 1行で文字列の IP アドレスを数値に変換する方法(Linux bc コマンド) | トップページ | 磐田信用金庫がWebサイト改ざんの被害 »

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索