« SMTP コマンドとリプライコード | トップページ | Solaris/Linux パフォーマンスをチェックするコマンド vmstat/iostat/sar »

Solaris/Linux vmstat の見方

Solaris/Linux vmstat の見方

us    ユーザ時間
sy    システム時間
id    アイドル時間
r      プロセスの実行キュー内にあるプロセス数

id : 10 ~ 20%, 40% でCPU増設
r  : 1 より大きい場合はプロセスの競合が発生していると考えられる。
     → CPU 増設

ユーザ時間に比べて、システム時間が長くなる場合、
ハードウェアに関わる要因を調査する必要がある

ページングは、lotsfree で設定された値より空き容量が
小さくなったときにページ・デーモンが起動され発生する

リサイクルキャッシュにより連続したランダムI/O のスループットの
向上と同じにメモリ割り当ての遅延の短縮が実現される。

<swap>
使用可能なスワップ空間(kb)

<free>
利用可能なメモリ空き容量(kb)

<re(page reclaim)>
ページアプトの対象となったが別プロセスで再利用されず
元のメモリーイメージが残ったままになっているページの数

ページフォルト
<pi>
ページインされたページ(kb/s)

<mf(minor fault)>
アドレス空間またはハードウェアアドレス変換フォルトによって
発生したページフォルトで、ページインなしに解決できるもの

ページアウトされたデータ量

<po>
ページアウトされたページ(kB/s)

<fr>
メモリが開放される速さを表示(kB/s)

<de>
一時的にメモリ不足が発生した場合のヒステリシスを測定するパラメータ

<sr>
ページデーモンの走査速度


« SMTP コマンドとリプライコード | トップページ | Solaris/Linux パフォーマンスをチェックするコマンド vmstat/iostat/sar »

Linux」カテゴリの記事

Solaris」カテゴリの記事

セキュリティ(Security)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503138/59354713

この記事へのトラックバック一覧です: Solaris/Linux vmstat の見方:

« SMTP コマンドとリプライコード | トップページ | Solaris/Linux パフォーマンスをチェックするコマンド vmstat/iostat/sar »

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索