« OpenSSL コマンドで文字列を暗号化、復号 | トップページ | SMTP コマンドとリプライコード »

偽アンチウイルスソフト(Privacy Protection)の駆除方法

偽アンチウイルスソフト FakeAV (Privacy Protection)の駆除方法

アンチウイルスソフトウェアに偽装したウイルスのことを FakeAV と呼びます。
FakeAV の一種である Privacy Protection に感染すると、アンチウイルスソフトのような
スキャン画面を表示して大量のウイルスが見つかったと虚偽の表示をします。
また、Privacy Protection は、ブラウザやエクスプローラを実行しても
すぐに強制終了されてしまうため、駆除したくても何も実行できない状態になってしまいます。
お金を振り込んで製品登録(アクティベーション)するまでこの状態が続きます。

Pp_4

 

駆除方法としては

  • セーフモードで起動して駆除する
  • Deft LinuxCaine などのブータブル Linux CD-ROM で起動してウイルスの本体となる実行ファイルを削除する
  • psexec などのツールを使って他のPCからネットワーク経由でウイルスを削除する
  • ウイルスを停止、削除するバッチファイルをUBSメモリなどから実行する

などの方法があります。

...

« OpenSSL コマンドで文字列を暗号化、復号 | トップページ | SMTP コマンドとリプライコード »

ウイルス、マルウェア(Malware)」カテゴリの記事

セキュリティ事件、サイバー攻撃」カテゴリの記事

セキュリティ(Security)」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

技術一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503138/59349979

この記事へのトラックバック一覧です: 偽アンチウイルスソフト(Privacy Protection)の駆除方法:

« OpenSSL コマンドで文字列を暗号化、復号 | トップページ | SMTP コマンドとリプライコード »

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索