« データセンターのラックにおける電源管理 | トップページ | nkf や perl を使ったBase64 デコード・エンコード方法 »

xxd, nkf, perl で16進数ダンプ(Hex dump)をデコードする

xxd, nkf, perl で16進数ダンプ(Hex dump)をデコードする

このエントリーをはてなブックマークに追加

16進数ダンプ(Hex dump)をデコードする

16進数エンコード(Hex encode)を、デコードする方法をまとめてみました。
URLエンコードのデコードや難読化された JavaScript コード、マルウェアが埋め込まれた文書ファイル(rtf,doc,jhdなど)の調査、フォレンジックで HDD データを調査するときなどに利用します

linux xxd コマンドを使ってデコードする

> echo -n '4142434445' | xdd -r -p
ABCDE

Fedora では、vim-common パッケージに xdd コマンドが含まれている。


perl を使ってデコードする

> echo 4142434445 | perl -pe 's/(..)/chr(hex($1))/ge'
ABCDE


nkf コマンドで URL エンコードをデコードする方法

> echo %41%42%43%44%45 | nkf --url-input
ABCDE

URLエンコードは % + 16進コードの形になっています。
tr コマンドや sed コマンドで % を消すことで、xxd や perl を使った方法でもエンコードが出来ます。

手動でエンコードする方法

> ascii

ascii コマンドで16進コードと文字の対応表が表示されます。
この文字コードの対応表を使うと手動で変換することが出来ます。

文字コード変換してくれるオンラインサービスを使う方法

関連URL

データ変換ツール
http://hogehoge.tk/tool/

文字コードと16進ダンプ
http://ash.jp/code/code_xd.htm

« データセンターのラックにおける電源管理 | トップページ | nkf や perl を使ったBase64 デコード・エンコード方法 »

Linux」カテゴリの記事

Solaris」カテゴリの記事

技術一般」カテゴリの記事

記事一覧

スポンサードリンク


Twitter


無料ブログはココログ

ブログ検索